外国為替証拠金取引(FX)とFX市場について

外国為替証拠金取引(FX)とは何か?

外国為替証拠金取引(FX)とは何か?

外国為替とは、英語で「ForeignExchange」といい、一国の通貨と他の通貨の価値の対比で両替することです。

 

そして、証拠金取引とは、取引に必要な総資金の一部の資金で取引をすることで、外国為替証拠金取引のことを「FX」といいます。

 

FXとは、通貨間の価値変動を利用した取引で、外貨を売買し、生じる為替差益を得るという金融商品です。「為替差益」とは、為替レートの変動によって得られる利益のことをいい、円高で外貨を買って、円安で売ることで得られます。

 

逆に、円安で買って、円高で売ると「為替差損」を被ります。証拠金取引の特徴「米ドル円」が105円とは、米国の1ドルの価値が105円であるということとなります。

 

仮に「米ドル円」を105円で買い、106円で売った場合、1円の為替差益を得たことになり、104円で売った場合は、1円の為替差損を被ったことになります。

 

もし、この取引を1万通貨で行っていた場合、105万円で買って106万円で売るので、1万円の利益となります。

 

この場合、FXでは証拠金で取引するため、取引に必要な資金は105万円ではなく4%の4万2000円で、この取引が行えます。

 

105万円の資金で1万円の利益の場合、利益率は0.95%(1万円÷105万円)となりますが、4万2000円の資金で1万円の利益と考えると、利益率は、23.8%(1万円÷4万2000円)となり、FXの資金効率の高さがわかります。

 

しかし、105円で1万通貨買って、104円で売った場合、損失率もマイナス098%とマイナス23.8%となりますので、FXはハイリスクー・ハイリターンといわれています。このように、少額資金で多額資金が必要な取引をすることを、レバレッジ(テコの原理)取引ともいわれています。

 

買いからでも売りからでもはいれるのがFXの大きな魅力

 

外国為替証拠金取引は、為替レー卜が上昇すると予測した場合、買いでポジションをもち、決済の売りでポジションを解消し、為替差益を狙いますが、為替レートが下落すると予測した場合、新規で売りポジションをもち、決済の買戻しで為替差益を狙うこともできます。

FX市場とは

株式投資の場合、証券取引所に上場することによって売買が行われます。しかしFXの場合、市場が存在しません。

 

では、FXで皆さんが「米ドル円」を取引した場合、どこで売買が行われているかご存知でしょうか? テレビで「米ドル円」が100円になりました!」というニュースで見かける、あの小さいコロッセオのような円卓でセリをしているようなイメージがありませんか?

 

実際には、あのような形式での取引はほぼ行われていないのです。私たち個人投資家が為替を売買する場合、株式投資と違い、取引所というものが存在しません。ではどうやって為替は取引されているのでしょうか?

 

インターバンク市場

 

そこで登場するのが「インターバンク市場」です。この市場では世界各国の金融機関(銀行など)同士が為替取引を行っております。単位は100万通貨(ドルであれば約1億円)です。

 

この「インターバンク市場」で個人投資家は直接取引をすることができません。いわゆる、プロ限定のマーケットなのです。

 

そのため、皆さんが口座を開設しているFX会社が間にたって皆さんの取引をとりもっているわけです。

 

つまり、FX会社を介してわれわれは取引を実施しているということになります。この市場のことを「対顧客市場」と呼びます。

 

皆さんが投資した分、FX会社もインターバンク市場で同様に取引をしているということですね。その際に、多くの取引先(銀行)が市場にいるため、もっとも有利な値段で売買できるように努力しています。

 

 

スプレッドの狭さも群を抜く

 

その結果、各社がしのぎを削りながらたどり着いたのは、世界のFX取引条件がもっとも有利な(スプレッドが非常に狭い)状況となりました。「米ドル円」のスプレッド(手数料)が1pips(0.01円)を下回っている会社が多数を占めるのは日本くらいですね。

 

これは個人投資家にとっては、コストが安いため、大変嬉しいことです。その結果、2013年度の世界FX取引高ランキングで、なんと日本は1位〜3位を独占! 世界の個人投資家(リテール)取引における74%を占める結果となりました。

 

 

取引量は世界ナンバーワン

 

日本の投資は遅れているといわれています。実際、資産運用の大半がまだ銀行の預金に預けているという方が多いなか、FXの取引量は圧倒的に世界NOlが日本であるということは非常に面白いデータですね。

 

このFX市場において、日本人の個人投資家による取引高は世界も無視できない規模まで大きくなっています。ミセスワタナベといわれた時代からときが経ち、さらに勢いを増しているこのマーケットに、あなたも参加してみませんか?

 

世界の動きがまさに「自分ごと」になる瞬間を体験してみましょう!

 

参考元:達人のFX初心者

 

FXやオプションのお役立ちサイト

ノックアウトオプションで初めての取引してみよう
それでは初めてノックアウトオプションで新規注文を発注してみましょう。実際の画面を使いながら操作方法をご紹介いたします。今回はノックアウトオプションでFXのドル円を取引する方法をご紹介します。
初めでもわかる!失敗しないノックアウトオプションのやり方
https://knockout-option.com/beginners/method/

当FX、バイナリーオプション、シストレサイトについて

自分で相場を判断する力を身に付け、本気でFX、バイナリーオプション、シストレの勝ち組を目指す投資家のための投資情報比較サイトです。コンスタントに利益を出す技術を学ぶための価値の高い情報を厳選して掲載しています。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ